FULL OF PATTERNS blog

著作権フリーのアパレル用グラフィックや、CADで作成したオリジナル型紙を販売しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤を見た人は有効な自制心が妨げられ筋肉の反応が早くなり強くなるので、やっぱり勝負下着は赤らしい。

風水によると、赤の下着は冷え性を治し、ライバルに打ち勝つパワーを与えて
くれるとか。赤は身体を温め、人を奮起させる作用があるらしい。
一方、先月発表された米科学者の研究によると、赤を見た人間の筋肉は反応
が早くなり、強くなる作用があるという。

米ロチェスター大学の心理学者アンドリュー・エリオット氏らは、赤が人間の
握力とスピードにどう影響を与えるかを調査した。大学生の被験者30人は、
赤あるいはグレーで書かれた数字を読みあげた後、金属の留め金をはずす
よう指示された。次に、46人の大学生はコンピューターの画面にあらわれた
「squeeze」(握れ)という文字を見た後、ハンドグリップを思い切り握った。
文字の背景はそれぞれ赤、青、グレーの3種類だった。

その結果、赤の数字や赤の背景を見た学生は、指先の力が強く、握力も強い
ことが分かった。また、赤を見た学生の反応が一番早かったという。

エリオット氏は、「危険のサインである赤は、身体の反応を強化させる」と話す。
同氏は論文の中で、赤はウエイトリフティングなど瞬間の力が必要なスポーツ
には有益であるかもしれないと話している。

一方、赤は人を不安にさせる要素もある。同氏によると、赤から連想される
脅威は「心配を呼び起こし、集中力を低下させる。心に負担をかけるし、
有効な自制心を妨げる」という。

これまでの研究では、相手方のチームが赤のユニフォームを着ている場合、
もう片方のチームは試合で負けやすく、赤を見た学生はIQテストの数値が
下がるという結果が出ている。

英語の「レッド・フラッグ」(赤い旗)は危険信号という意味。赤、青、黄の
信号機の色も世界共通だ。色は、人間の潜在意識に働きかける作用がある
のかもしれない。

同研究は、科学誌「Emotion」に掲載された。

ソース:大紀元「赤が人間に与える作用とは?=米研究」

という訳で赤を見た人は、有効な自制心が妨げられ、誘惑に負けて、しかも
筋肉の反応が早くなり強くなるので、やっぱり勝負下着は赤だという事です。

51pk6disvHL.jpg
ゾウさんパンツ 赤 M906 /大笑い ジョークグッズ定番究極のオトコの勝負パンツ

えぇ〜と、前置きが長くなりましたが、真っ赤なポロシャツを作って頂きました。

こんなに鮮やかな赤が似合うのは、世界中探してもこのお兄ちゃんかトマトぐらい
しか見当たりません。

結構、鮮やかな赤です。これは来年も着れる!

赤イイっすよね。戦隊物のリーダーは絶対赤だし、食欲そそる色だし(?)。
この方には勝手に割り引きポイント100P差し上げます。次回からのお買い物に
ご利用下さい。ありがとうございました。

今回お使い頂いた型紙はこちら >>> FOP-K16/キッズポロシャツ2点セット
長袖と半袖がセットになっています。100〜160の7サイズ展開です。

twitterfacebookでは、このブログの更新がいち早く確認できます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ハンドメイド - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fullofdesigns.blog103.fc2.com/tb.php/219-3f7baeb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。